ミニとセットオフェンス

山形県の海側の籠球指導者「さくらい」の雑記録
「ミニとセットオフェンス [練習技術コ ー チ]」  について書いてあります
 
お気に入りに追加

ミニとセットオフェンス 

ミニバスケットのカテゴリでは
セットオフェンスをメインに考えない方が良いと思います



と言う考え方
このブログの読者であれば
解っていただけると思います



そうしなければならない状況が
発生するのもミニのカテゴリだと思います

例えば 5・6年生が6人
3年生以下が4人でやっと10人となれば
通常は前半は3人でバスケットの組み立てを
考えていかないといけないでしょう

そういう時はどうするか?
ですね
私の場合は下級生は上級生の練習には
組み入れません
下級生は別メニューで基本をしっかりです

で上級生は三対三や二対二のドリルで
意識的にボールサイドを創る練習をします

トップと両サイドの三対三からスタートして
どちらかのサイドにボールをさばいたら
そちらのサイドをボールサイドにして
三対三を創ってもらいます

三年生以下では
フロアバランス等を考えたりするのは
無理でしょうからね

質問いただいたようにセットオフェンス
パターンオフェンスを考えても良いのですが

それだとゾーンにされたときに困ります
まぁ ボールサイドを創っても
実は似たような物だったりするのですが…

最後に上級生3人+下級生2人とか
上級生2人+下級生3人とか言うパターンは
練習の最後の試合でやらせた方が良いと思います

上級生は思ったよりも優しく下級生の動き方や
上級生の動きの意味を教える物です
これをコーチ教えると
だいたい「お前邪魔するな!」
とか「お前動くな!」というのが落ちです
そういう自分も言った記憶があるので
偉そうには言えませんけどね

それから練習時間も考えてくださいね
多くて一週間の練習時間は10時間ちょっとだと思います
そのうち何時間割いて
選手達にどの位の理解力を求めますか?
という費用対効果も忘れずに考えてくださいね
あわせてよみたい関連記事
tagged オフェンス 考え方 category 練習技術»コ ー チ
        2012  -16 Wed  comment (0)  TrackBack (0)  AuthorEdit
コメントの投稿

 題名は自動で入りますが、必要に応じて変えて下さい




管理者にだけ表示を許可する

※管理者向けコメントは連絡先が無ければ答えられないのでご了承ください。
トラックバック
この記事のトラックバックURL


タグランキング
雑物置場
サイド タブ メニュー
  • Author:さくらい. 




    人気ブログランキングへにほんブログ村 その他スポーツブログ ミニバスケットボールへにほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ にほんブログ村 その他スポーツブログへ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山形情報へ メールアドレス レンタルCGI