組み立ての要は?

山形県の海側の籠球指導者「さくらい」の雑記録
「組み立ての要は? [スポンサー広告]」  について書いてあります「組み立ての要は? [練習雑感籠球生活]」  について書いてあります
 
お気に入りに追加

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category スポンサー広告
       CM(-)  TB(-)  AuthorEdit

組み立ての要は? 

現役時代の 番手は
1番から4番でした



一応番手を解説しますと
1番がPG5番がCになります
2番3番4番とインサイドプレーになります

といっても
高校時代は 3番4番
大学行って 1番から3番
というのが175センチの実情でしたね

さて私にとって難関は
1番PGですね

はじめた1番をさせられたときは
1番 = 試合を組み立てる
そういうイメージがつよかったので
ゲームで1番をやらされると
どういうセットのどういうプレーから入って
どうやって点を取るか
という意識しか無かったですね
しかし 相手は大学に練習試合に来た
高校生だったりするので勝ち負けよりも
出来不出来をしっかり先輩にチェックされます
まぁここらへんはどこでも同じでしょうけどね

そこでいつも言われたことで
一つだけ頭に残ってる事があります
「ゲームを組み立てることで大事なことは何だ?」
で 何か答えると
「で なぜ出来ない!」
この繰り返しでした 
正解はいつも教えてもらえませんでした

一年の秋かなぁ 四年生が終わってから
四年生の正ガードだった人から言われたことがあります

組み立てるには何が大事だ?
部品だろ
製品は自分も含めてコートに居る部品の組合せだろ
お前はなぁ 部品の個性もわかってないし
部品の善し悪しも得手不得手もわかってない
世の中に居る勘違いのガードの一人なんだよなぁ

ガードがだいじなことはなぁ
コートに居る選手を乗せることなんだよな
そのためには
みんな何がやりたいか解らないといけないんだなぁ
やりたい事を理解して
気持ちよくプレーさせることが大事なんだよなぁ
自分で其ればっかり考えて
得点の取れないガードもダメだけど
チームとして得点取れないガードはもっとダメ

と言われたことがありました
まぁそのあと1番として上達したかは別として
心に残った先輩の一言でしたね
あわせてよみたい関連記事
tagged 気持ち 考え方 category 練習雑感»籠球生活
        2011  -24 Sat  comment (0)  TrackBack (0)  AuthorEdit
コメントの投稿

 題名は自動で入りますが、必要に応じて変えて下さい




管理者にだけ表示を許可する

※管理者向けコメントは連絡先が無ければ答えられないのでご了承ください。
トラックバック
この記事のトラックバックURL


タグランキング
雑物置場
サイド タブ メニュー
  • Author:さくらい. 




    人気ブログランキングへにほんブログ村 その他スポーツブログ ミニバスケットボールへにほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ にほんブログ村 その他スポーツブログへ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山形情報へ メールアドレス レンタルCGI
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。