速攻に対するディフェンス

山形県の海側の籠球指導者「さくらい」の雑記録
「速攻に対するディフェンス [スポンサー広告]」  について書いてあります「速攻に対するディフェンス [練習技術DF技術]」  について書いてあります
 
お気に入りに追加

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category スポンサー広告
       CM(-)  TB(-)  AuthorEdit

速攻に対するディフェンス 

速攻に対するディフェンス
簡単なようで難しいようで…



速攻にやられる

まずはタッチダウンパスというか
ワンパスでやられる
これはもうセーフティの意識不足以外の
何物でも無いですね
練習は要りません
やられすぎたら 
コーチはコートサイドで叫びましょう
これだけです

私が現役の頃は
ハリーバックでしたね
取りあえずリバウンドに絡まない人以外は
自分の守るべきサイドの
ペイントエリアに戻る
で 取りあえず相手のやりたい事を
つぶしていく

私が考えるのはこの方法です

リバウンドしたプレーヤーが
そのままドリブルして仕掛けてくるのは
スピード感が無いのでそんなに怖くありません

なので基本的に速攻はパスで運ばれます
と言う事を前提としてます

まず パスの受け手と出し手を押さえる
ここで言うパスの受け手は
ロングパスの受け手です
出し手とは相手のリバウンダーです

リバウンダーから横へのパスアウトは
余り押さえません
なぜなら 横にパスを出されたら
そのぶん ディフェンスは縦に戻れるからです

そしてロングパスさえ押さえておけば
リバウンダーからボールをもらった選手は
間違いなくドリブルしてきます
何しろ フリーなのですから…
で このドリブラーを止めに行ったら
その止めに行ったディフェンダーのスペースに
オフェンスはボールを繋ごうとします
で ここは リバウンド絡んでた選手
もしくは 二人のセーフティーのどちらか一人が
このつなぎの部分を押さえます

基本的には
オフェンスには遅いドリブルか
横へのボール移動でボールを運ばせれば
そのぶん 怖い縦へのボール移動は減りますので
だいたいの速攻は止まると思います

8秒ルールの無いミニでも
球運びに時間をかけさせれば
ハーフコートオフェンスの時間は減ります
そのぐらいの感覚で良いと思います
問題は オペレーションラインへ
早く玉を運ばせないことと
相手のオフェンスの型造りを
遅らせることです
あわせてよみたい関連記事
tagged ディフェンス 速攻 category 練習技術»DF技術
        2011  -02 Fri  comment (0)  TrackBack (0)  AuthorEdit
コメントの投稿

 題名は自動で入りますが、必要に応じて変えて下さい




管理者にだけ表示を許可する

※管理者向けコメントは連絡先が無ければ答えられないのでご了承ください。
トラックバック
この記事のトラックバックURL


タグランキング
雑物置場
サイド タブ メニュー
  • Author:さくらい. 




    人気ブログランキングへにほんブログ村 その他スポーツブログ ミニバスケットボールへにほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ にほんブログ村 その他スポーツブログへ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山形情報へ メールアドレス レンタルCGI
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。